モデルルームでも本物ではありません


モデルルーム

【Q何回もモデルルームを見に行っていますが、なにを注意すればよいか教えてください。】

A→チラシだけでは情報は限られています。したがって、まず詳細のパンフレットを取り寄せて間取りや設備購入条件など大雑把に把握して、興味がある物件かどうかを見きわめます。いそがしいのですから、この後モデルルームを見に行くのがよいでしょう。

しかし、モデルルームへ行ったからといって、自分の興味のあるタイプがあるわけではないことに注意してください。モデルルームは、あくまで売る側の立体的な広告であるということを前提に見ることが必要です。

売る側では、当然最も売りやすい間取りのタイプをモデルルームにします。家具や照明器具、カーテンやブラインドなどをコーディネートして、余分なものは一切置かずに余裕のあるイメージを演出しています。

こうした雰囲気にあこがれて購入してしまうと現実の生活とのずれが生じて、「こんなはずではなかった、なんて使いにくいのだろう」ということになります。また、モデルルームは 様々なオプションで飾り立てられていますので、何がオプションで何がオプションでないかの確認が必要です。素人ですと立体感がわかりにくいのが通常ですから、その辺をまず確認しましょう。といっても、自分の希望するタイプと違うモデルルームの場合、間取りや部屋の位置は確認できないわけですから、廊下の幅の感じ、各室の扉の高さやデザイン質感、天井の高さ、水周りのオプション以外の設備、壁や天井、床の仕上げや質感などを確認してください。特に、天井高は階によって変化はないかどうかもチェックが必要です。

設計によっては、上階になればなるほど天井高が低くなるものもあるからです。必ず巻尺を用意して、たとえば自分の興味のあるタイプのリビングがモデルルームとどのぐらい違うのか計って見て、スペース感覚をつかむことも重要です。

収納部分に小奇麗な扉がついてたくさんあると思っても、奥行きがなく意外と収納力がない場合もあります。できるだけ自分達の荷物の寸法を頭に刻んでおくことが必要です。さて、モデルルームにわざわざ足を運ぶのはこれだけではありません。パンフレットだけでは絶対的に不足している情報を、取りにいくことがもう一つの大きな目的です。必要不可欠な情報には何があるかは別項でふれますが、そうした情報を出し渋る業者も多くあります。どうしても抵抗する業者であれば、その物件の購入は差し控えたほうがよいといえます。

そ して説明された重要な点はメモをして、確認のサインをもらうぐらいの慎重さが必要です。後で言った言わないの論争をしても疲れるだけです。いずれにしても、モデルルームは奇麗に飾りたてられた生活実感の欠如した広告だというぐらいさめた目でみる必要があります。さて、モデルルームのような飾り付けをした部屋にあなたの荷物が収まりますか?すべてを捨てなければなりませんか?そんな生活できます?