こんなマンションは管理費が高い


マンション

【Q2戸で1台のエレベーターが設置してあるマンションは、利用者の戸数が少ないため、外部者が入りにくく安全性が高いと言われますが?】

A→たとえば、10階建てのマンションであれば20戸で1台のエレベーターを使用することになります。使用頻度からいって、40戸から50戸にエレベーター1台があれば快適に使用できるといわれていることから考えますと、倍の贅沢となります。皆さんは、マンションの管理費の中で最も費用がかかるのは何だと思いますか?そう、エレベーターのメンテナンス費用なのです。

当然、一般のマンションよりも管理費が高額になることになります。エレベータは今後の高齢化社会にとっては不可欠な設備ですが、だからといって一般の倍のメンテナンス費用を払うメリットがあるでしょうか?また、安全性の問題ですが、エレベーター内の犯罪行為を防ぐために扉にガラス入りの窓を設けてエレベーター待ちの人に中が見えるようにしているのを見たことがあると思います。

これは、エレベーターの籠の中の密室性を少しでも和らげて犯罪が起きないように考えられれた手法です。でも、使用する人が少ない場合、こうした手法に効果があるでしょうか?そうです。安全性は神話でしかありません。乗り降りする人が多ければ多いほど、エレベーター籠内の密室性が少なくなることになります。

【Q販売センターに行くと、売約を示すバラの花がたくさん飾ってありますが、場所がらも悪くそんなに売れているとは思えないのですが?】

A→実際には売れていなくても、「こんなに売れていますよ!急がないとよい部屋はどんどん売約済みになりますよ!」とお客の購買意欲を高めることと、ハメコミといってまず売りにくい物件から販売していく手法でもあります。あなたがもし契約したら、次の日には本当はあなたのほしかった物件のバラの花がはずれているかもしれませんよ!こうした事例には枚挙にいとまがありません。たとえば、抽選方式の販売物件であっても営業マンは「お客様の希望物件は倍率が高く、とても当たる確率が低い。

「お隣のお部屋でしたら穴場で確率が高いですよ!」と誘導して、全室に平均的にお客がつくようにします。彼ら営業マンにしてみれば売約件数が多いことが営業成績になるわけで、一つの室の抽選倍率が上がっても何の評価も得られないからです。さて、こうしたあの手この手の手法に乗ってしまったのでは、高価な買い物をするのに後々 悔いを残すことになります。前提条件として、決して焦らないことです。焦っていることが見て取られたら負けです。もう一つ、実際の事例をご紹介しましょう。

Yさんは前のマンションを一年住んで転売したところでした。たまたま近所によい条件と思われる新築マンションが販売されましたが、失敗をしたばかりでしたので友人の建築士にみてもらうことにしました。

Yさんは2階部分の室を既に購入する気持でいました。友人は設計図を見て、室の真下、一階部分が3段の機械式駐車場になっていることから、機械の動く軀体伝播音のことが心配でした。音の問題は建物ができ上がって生活して見ないとなかなか事前にはわかりません。

そこで友人は、Yさんが2階の室でも購入する気持でいることを知りながらも営業マンの前でこのことを指摘して、「3階部分の室を購入できないのであれば購入すべきではない」と強い調子で否定しました。すると営業マンが、「実はちょうど上の3階を予約されたお客様の契約期日がずれ込んでいる。

お客様の手持ち物件の転売がうまくいかなかったのではと心配している。そちらの話が流れれば3階の物件を提供できる」と提案してきました。そこですかさず、「もしそうであれば電話をください。2階であればあきらめると思います」と友人は少し強引にYさんを連れて帰ってしまいました。 さてこの後どうなったと思います?翌日、やはり3階の売買契約が流れたのでさっそく契約してほしい旨Yさんに電話がありました。

友人はその後、「自信はなかったけれどもYさんがどうしても購入したければ、まだ契約まで時間があったし、2階しか空き物件がないのが引っかかったので悪役を買って出た」と言ったそうです。